気になる賃貸選びのポイント

物件選びに活かしたい賃貸の知識

こちらのサイトでは、タワーマンションの賃貸物件に関するさまざまな情報を紹介しています。
色々な情報に目を通すことで、眺望以外の見どころに気づけることもあるでしょうし、税金のことに詳しくなれるなど住む前に生活のイメージがしやすくなることでしょう。
タワーマンションは、通常のマンションにはない特徴が色々とありますので、色々な情報をチェックして、マンション選びの際に生かすと良い住まい選びができることでしょう。

タワーマンションの賃貸物件について

タワーマンションの賃貸物件について タワーマンションの賃貸物件の中には、通常のマンションでは見ることができないラグジュアリーな内装の物件が多く見られますが、特別感のあるサービスも見どころの1つです。
例えば、タワーマンションの賃貸物件では、フロントサービスが用意されていることがあります。24時間という体制でフロントでの対応が可能であり、英語対応も可能ですから、外国人の方にとって大きなメリットとなることでしょう。
こういったサービスはホテルを思わせますが、タワーマンションには、その他にもホテルを思わせる見どころがあるのが特徴です。それが共用施設の存在で、居住スペースとは別に、フィットネスルームなどが用意されていて、利用することができるのです。

賃貸は身の丈にあった物件を狙う

賃貸は身の丈にあった物件を狙う 賃貸では、意外にも高級マンションに住んでいる人のほうが破綻をしやすいようです。身の丈にあった家賃の部屋を借りることが重要です。
家賃の目安としては、月収の3分の1程度と言われています。月収18万円の人なら、家賃6万円の部屋が目安です。月収100万円を稼いでいる人は、家賃50万円くらいの部屋を借りてもまだ50万円を自由に使えるので余裕があると思われがちですが、契約期間の2年間ずっと月収100万円をキープできるとは限りません。高収入の仕事をしている人は収入が安定しないというリスクも抱えています。
月収が30万円の人は、家賃が10万円の部屋が目安となりますが、高すぎるという意見もあります。月収が30万円でも、所得税や社会保険料を引かれたら手取りは24万円くらいになります。手取り収入の3分の1くらいが家賃の目安であるという意見もありますが、そちらの意見のほうが正しいと仮定して考えると、月収30万円の人は8万円くらいの部屋にすむのが良いということになります。
あまりに安すぎる部屋に住むこともおすすめはできません。安い部屋にはそれなりの理由があるからです。賃貸は身の丈にあった物件を選ぶのが一番良いでしょう。

おすすめ不動産関連リンク

予約制でじっくり物件を探せます

池袋 賃貸

copyright (C) 2017 気になる賃貸選びのポイント. All Reserved.